logo

M・キューバン氏、HDの魅力を語る - (page 3)

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年09月14日 05時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--HDNetにとって、伝説的なニュースキャスターDan Rather氏との契約はどんな意味を持っているのでしょうか。

 Danは類いまれな人物です。Danとの契約はHDNetにとって大きな一歩でした。HDNetのブランドと認知度が高まっただけではありません。Dan自身もCBS時代にはできなかったような報道を行うことが可能になりました。Danは人々をあっと言わせることをしてくれるでしょう。それは間違いなく、HDNetの成長をさらに加速させるものとなるはずです。

--あなたが103インチのHDTVを担っているというニュースがありましたが、もう入手されましたか。HDTVの品質をどう思いますか。LCDとプラズマではどちらが勝者になるのでしょうか。

 あれは「New York Post」の記事が大げさなのです。私はConsumer Electronics Showで103インチのPanasonic製HDTVを見かけました。発売されたら1台欲しいので、連絡してほしいと担当者に頼んだのです。担当者はそうすると約束し、後日連絡をいただきました。早速1台注文し、今は首を長くして到着を待っているところです。

 最終的に生き残るのは間違いなくLCDです。LCDは世代を重ねるごとに長尺の進歩を遂げており、性能も急速に改善されています。今後は価格も下がり、画面サイズはプラズマをしのぐペースで大きくなるでしょう。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]