logo

モトローラとノキア、モバイルTV規格「DVB-H」の普及で提携

文:Jo Best(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年09月12日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界の2大携帯電話メーカーがモバイルTVで協力することで合意した。

 MotorolaとNokiaは米国時間9月11日、「DVB-H」の普及で協力していくと発表した。DVB-Hは、両社のすべての関連ハードウェアおよびサービス間の互換性実現を目的として策定されたモバイルTV放送用規格。

 両社はさらに、IPデバイスコントロール用規格「DVB-IPDC」の標準化にも共同で取り組んでいる。

 DVB-Hは、世界中の市場で試験が進められ、多数が競合するモバイルTV規格の1つに過ぎない。ほかにも、BTとVirgin Mobileが採用する「DAB-IP」や、Sky BroadcastingのSky Linkが試験運用中の「MediaFlo」というQualcommの規格などがある。

 業界の多くの観測筋は、いずれはDVB-Hが標準として普及すると見ている。この予想は、11日の発表を受けて説得力を増すようになる。調査会社Informaによると、2010年には5000万台以上のDVB-H対応デバイスが発売されるようになるという。

 調査会社のGartnerでは、2009年にはモバイルサービス利用者の10人に1人が携帯電話でテレビを見るようになる、との予測を示している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集