マイクロソフト、HDDレスの廉価版「Xbox 360 コア システム」を発売

エースラッシュ2006年09月08日 16時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月8日、家庭用ゲーム機「Xbox 360」の廉価版となる「Xbox360 コア システム」を2万9800円で11月2日に発売することを発表した。また関連アクセサリーも同日販売することも発表している。

 Xbox 360 コア システムと従来のXbox 360との差は、ハードディスクが非搭載であることと、コントローラが有線接続であること。パッケージには本体とコントローラ1個、コンポジットAVケーブルが含まれている。

 発売を記念したパッケージとして、ゲームソフト2本を同梱した「Xbox 360 コア システム 発売記念パック」も発売される。同梱されるゲームソフトは「PGR 3 −プロジェクト ゴッサム レーシング 3−(Xbos 360 プラチナコレクション)」と「NINETY-NINE NIGHTS(N3)(Xbox 360 プラチナコレクション)」だ。価格は2万9800円。発売記念パックは限定生産となっており、販売終了次第通常のパッケージが出荷される予定。

 同時に発売されるアクセサリーは4種ある。ボイスチャットに利用できる「Xbox360 ワイヤレス ヘッドセット」は、複数プレイヤーで利用する場合には同時に4個まで使用可能で、満充電で8時間以上利用可能となっている。価格は6300円。

 ビデオチャットをしながらのゲームが可能になるオールインワンパッケージが「Xbox Liveビジョン」。「Xbox Live ビジョン カメラ」と「Xbox 360 ヘッドセット」に加えて「Xbox Live 1カ月 ゴールド メンバーシップ」、カメラに対応したカードゲーム「Xbox Live アーケード ゲーム「UNO」」のダウンロード用コードが同梱されている。価格は4200円。

 ハードディスクを内蔵しないXbox 360 コア システムに接続することもできる20GBのハードディスク「Xbox 360ハードディスク」も9500円で発売される。また、Xbox 360だけでなく家庭用のテレビやWindows XP Media Center Edition対応のパソコンにも利用できるリモコン「Xbox 360 ユニバーサル メディア リモコン」も3150円で発売される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加