logo

エプソン、DVDプレーヤーとスピーカー一体型プロジェクターに新モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソン(花岡清二社長)は9月7日、3LCD(液晶)方式を採用したホームプロジェクターにDVDプレーヤーとスピーカーを一体にした、「dreamio(ドリーミオ) EMP-TWD3」と、80型スクリーンセットモデル「同 EMP-TWD3SP」を、エプソン販売(真道昌良社長)を通じて9月21日に発売すると発表した。価格はオープン。実勢価格は「EMP-TWD3」が 15万円台半ば、「EMP-TWD3SP」が16万円前後の見込み。

 「EMP-TWD3」は、前機種「EMP-TWD1」に、新たにコンポーネント対応PC接続端子を追加。PC内の動画やデジタルカメラの画像、インターネットでの配信映像などを楽しむことができるようにしたもの。また、同梱のコンポーネント変換ケーブルを使うことで、TVチューナーなどのコンポーネント端子と接続可能。さらに、フォトムービー作成ソフト「デジカメde!!ムービーシアター2 LE for dreamio」を添付している。

 DVD 画質を忠実に引き出す0.55型の480p(854×480画素)ワイド液晶パネル×3を搭載。明るさ1200ルーメン、コントラスト比1000:1を実現した。また、ランプの光効率をさらに向上させて、小型化、省エネを実現したエプソン独自の高効率ランプ「E-TORL(多重反射式高効率ランプ)」を採用。高輝度だけでなく、プロジェクター本体の色域を拡張。正確な色再現による高画質と高輝度を両立した。

 最適なカラーバランスを光学的に調整する「エプソンシネマフィルタ」や、視聴環境にあわせて最適な画質が選べる4種類のカラーモード機能を搭載。スピーカーには、日本ビクターの独自技術である「DDスピーカー」を採用した。10Wの「DDスピーカー」2個を外向きに配置し、広い指向特性を活かしながら、音質を損なうことなく、広がりのある音質で再生する。また、2mの距離で80型に投写可能な短焦点レンズを搭載。1.5倍ズームレンズを採用し、前後方向で広い設置範囲を確保した。レンズシフト機能では、上下最大2画面分、左右最大1.5画面分移動することもでき、設置の自由度を向上させた。

 入力端子は、PC入力端子、Sビデオ入力端子、コンポジット入力端子、オーディオ入力端子、ヘッドホン出力端子、サブウーファー出力端子、光デジタル音声出力端子を1系統ずつ装備。本体サイズは幅340mm×奥行き310mm×高さ180mm、重さ約7.0kg。白を基調とした本体色に、どこにでも置きやすく、収納しやすいキューブデザインを採用した。

-PR-企画特集