FHP、世界初60V型のフルHDプラズマパネルを開発

加納恵(編集部)2006年08月30日 00時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プラズマパネルメーカーの富士通日立プラズマディスプレイ(FHP)は、新パネル3種とHDタイプの42V型パネルの量産化を発表した。新パネルは1920×1080ドットのフルHDパネル、60V型、50V型の2種と、1280×1080ドットの50V型1機種の計3種が登場した。

 同社では既に42V型のフルHDパネルの発表を昨年末に行っており、フルHDパネルは60V型、50V型、42V型の3モデルが登場したことになる。

 フルHDモデルは、1000cd/m2超の世界最高輝度を確保したほか、コントラスト比10000対1(50V型)、5000対1(60V型)とハイスペックをマークした高画質タイプだ。業界最高レベルの0.16mmの高密度リブ、色再現性能など、独自のALISパネルならではの高精度なつくりとなっている。

 一方、1280×1080ドットの50V型パネルは、水平方向を1280ドットへと高密度化し、HDモデルとしては世界最高画素数を確保している。高輝度1300cd/m2、コントラスト比10000対1となっている。

 同社では、60V型フルHDパネルの量産を今年11月より、50V型を来年3月よりスタートする。また、50V型のHDパネルは今年10月より量産予定となっている。

 また新パネル開発に続き、1280×1080ドットの42V型のプラズマパネルが中国のHD規格に適合し、こちらも今年9月より量産化する。

 各種パネルを生産する宮崎工場では、今年10月より月産20万台のキャパシティを持つ「三番館」が稼動する。これにより2006年度での生産キャパシティは月産20万台、2007年度には30万台に達する見通しだ。

FHPのフルHDモデル。42V型、50V型、60V型と3モデルが出揃った
  • このエントリーをはてなブックマークに追加