logo

東芝、液晶テレビ「REGZA」に新シリーズ12機種を一挙発表

加納恵(編集部)2006年08月23日 20時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は液晶テレビ「REGZA」に、新シリーズ「Z2000」「H2000」「C2000」を発表した。新モデルは9月中旬から10月下旬にかけて発売される。

東芝の薄型テレビシリーズ「REGZA」に新シリーズが登場した

 発表されたのはフルHDパネルを搭載したフラッグシップモデル「Z2000」4機種、HDD内蔵で録画機能を備えた「H2000」3機種、スタンダードモデルの「C2000」5機種の全12機種だ。

 フラッグシップモデルとなるZ2000は、32V型、37V型、42V型、47V型の4モデル展開。1920×1080ドットのフルHDパネルを搭載したほか、Bフレッツ光回線を利用したブロードバンド映像配信サービス「4th MEDIA」に対応している。「4th MEDIA」では、従来のSD画質のみの配信から、HD画質での配信も開始しており、Z2000シリーズを購入することで、ハイクオリティなHD画質映像配信も楽しめる。

 また、DLNAに対応しているほか、市販のLAN HDDへのハイビジョン録画、ハイビジョンレコーダーとの連携による簡単録画予約「テレビdeナビ」など、ネットワーク機能も充実している。

 H2000シリーズは、32V型、37V型、42V型の3サイズをラインアップ。各機種に300GバイトのHDDを内蔵し、ハイビジョン画質で約28時間の録画が可能だ。

新デザインのリモコン。暗いところでも見やすいネガ表示を採用している

 録画機能は、番組視聴中に「連ドラ予約」ボタンを押すだけで、自動的にその番組を毎週録画できる「連ドラ予約」機能、最新ニュース番組を常に録画できる「新・今すぐニュース」機能、番組視聴中にテレビの前からちょっと離れたいときに使える「新・ちょっとタイム」機能を搭載。さらにパソコンや携帯電話などからEメールで録画予約が行える「Eメール予約録画」など、録画、予約機能ともにパワーアップが図られている。

 スタンダードモデルのC2000は、23V型、26V型、32V型、37V型、42V型まで、豊富な5サイズ展開で、パーソナルユースからリビングモデルにまで対応する。

 今回の新製品は、26V型以上のモデルに広視野角なIPS液晶パネルを採用した高画質タイプ。刷新が図られた映像エンジン「新メタブレイン・プロ」の搭載とあいまり、質感やディテールなど、リアルかつ緻密な映像再現が可能になっている。

 さらに、デザイン面では「ミニマルデザイン」をキーワードに省スペース設置を主眼に置いた、落ち着いたデザインを採用。なかでもスタンド部のデザインは、アルミの質感を意識した美しい仕上がりだ。

写真左からH2000、価格はオープン。実勢価格は30万円から45万円前後。中央、Z2000、価格はオープン。実勢価格は30万円から60万円前後。右、C2000、価格はオープン。実勢価格は18万円から40万円前後

-PR-企画特集