ウェブシャーク、「電脳卸 drop shipping」ベータ版を提供開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 物販特化型アフィリエイトASP「電脳卸」を運営するウェブシャークは8月22日、ASP型ドロップシッピングサービス「電脳卸 drop shipping」ベータ版の提供を開始した。

 ドロップシッピングは、ECショップが在庫をもたずに商品を売るビジネスモデル。顧客から注文を受けた際、一般的なECサイトでは、自分の持つ在庫から商品を配送するが、ドロップシッピングでは、ショップが商品を配送するのではなく、メーカーや卸業者が持つ在庫を直接顧客へ配送する。

 現在電脳卸を利用している、600社を超える卸会員と約10万サイトの販売店会員(アフィリエイトサイト)すべてがドロップシッピング導入の対象となる。

 今回のベータ版の提供開始と併せ、電脳卸 drop shippingで商品を卸す「DS卸会員」と、商品を仕入れて販売する「DS販売店会員」の申し込みの受け付けを開始した。DS販売店会員のサービス利用料金は無料となっている。

 DS販売店会員のターゲットとしては、有力ネットショップ、中小ネットショップ、アフィリエイター、ブロガー、事業内容に物販を加えたい法人を想定しているという。

 今後は、2006年度内にDS卸会員100社、DS販売店1万サイトの獲得を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加