logo

ヤフーのSNSは米の「360°」から「Days」に変更

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは7月31日、無料の招待制ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Yahoo! Days」の提供を開始した。

 Yahoo! Daysは、2月28日より「Yahoo! 360°」の仮称でテスト運用を行っていたサービス。今回、サービス名をYahoo! Daysと改めて、正式にサービスを開始した。

 利用するには、すでにYahoo! Daysを使っている利用者から招待される必要があるが、Yahoo!プレミアム会員またはYahoo! BB会員は、招待がなくても参加ができる。なお、Yahoo! 360°の既存会員はYahoo! Daysをそのまま利用可能だ。

 Yahoo! Daysでは、参加者だけが見られる「プロフィール」「日記」「コミュニティ」のほか、自分のページを訪問した人の履歴がわかる「足あと」機能、簡単に短いメッセージを伝えられる「ひとこと」機能、「Yahoo!ジオシティーズ」が提供する「ジオログ」や「Yahoo!ブログ」、他社のブログに記載した内容を表示させる機能などを提供する。

 日記やプロフィールは、見せたい相手だけに表示されるように設定でき、友だちに「タグ」を設定しておくことで、一部の友だちだけに日記を公開することもできる。たとえば、友だちに「会社の同僚」「高校の同級生」というようなタグを設定して分類しておき、タグのついた友だちだけに日記を公開するといったことが可能だ。日記の公開範囲の設定は記事単位で行うことができる。

 また、Yahoo! Daysのコミュニティ機能では、好きなテーマのコミュニティを開設したり、開設済みのコミュニティに参加して、トピック(話題)の投稿や、それについての書き込みができるほか、参加時に任意の合い言葉が必要な「合い言葉制」のコミュニティを作成し、コミュニティの参加者を限定することができる。

 コミュニティには、コミュニティの特徴を表すタグをつけることができる。参加者がつけたタグは、ほかの参加者がコミュニティの中身や性質を知る目安となる。また、参加者が自由に作成できるコミュニティのほかに、タレントや団体などが公式に作成した「オフィシャルコミュニティ」も用意する。

 さらに、携帯電話からの利用も可能。会員登録をはじめ、日記やひとこと、プロフィールの記入や閲覧、メッセージの送受信、友だちの招待もモバイル版Yahoo! Daysから行うことができる。

Yahoo! Days 「Yahoo! Days」のスクリーンショット

-PR-企画特集