アイピーモバイル、携帯電話事業への参入を2007年春に延期--リヴァンプが経営支援へ

ニューズフロント2006年07月28日 16時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイピーモバイルは7月28日、携帯電話への新規参入時期を2007年春に延期すると発表した。通信速度を高速化するべく、システム変更をするためだ。

 アイピーモバイルは当初、2006年10月のサービス開始を予定していた。当初の計画では5MHz帯域を使用するTD-CDMAシステムを採用する計画だったが、競合他社が高速サービスを提供することもあり、より高速化が図れるシステムに刷新する。

 新たに採用する10MHz帯域のTD-CDMAシステムは、最大通信速度が下り11Mbps、上り1.7Mbps(平均スループット3Mbps以上)と、5MHz帯域を使うシステムの約2倍となる。アイピーモバイルでは順次システムの改良を進め、下り22.1Mbps、上り2.64Mbps(平均スループット6Mbps以上)の通信環境も導入する予定。

 また同社では、モバイルブロードバンドサービスの提供に向け、40億5000万円を追加増資したことも明らかにした。これにより資本金および資本準備金を33億5000万円とし、2007年春のサービス開始に向けた準備を進めるとしている。

 このほか、企業再生コンサルティング会社のリヴァンプと業務提携することで合意した。元デル日本法人社長で、現在はリヴァンプの代表パートナーである浜田宏氏が取締役として参画する。さらに、前ボーダフォンプロダクトマネージメント統括部ジェネラルマネージャーで、現在はリヴァンプディレクターを務める小林政彦氏が経営支援する。

 アイピーモバイルは併せて、経営体制を変更する。新たにCSKグループとインターネットイニシアティブグループから4人を取締役を迎える。一方、現行の取締役3人が退任し、執行役員に就く。執行役員制度を本格導入することで、経営機能と業務執行機能の分離、企業統治の強化を図るとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加