グーグル、オープンソースプロジェクトのリポジトリサービスを公開

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里、河部恭紀(編集部)2006年07月28日 13時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleが米国時間7月27日、ソフトウェアプロジェクトのホスティングする、プログラマー向けのサイトを開設した。これにより同社はオープンソース開発支援の活動を拡大した格好となる。

 かねてからの予測通り、 オレゴン州ポートランドで開催中の「O'Reilly Open Source Convention」において、GoogleのエンジニアリングマネージャーGreg Stein氏がオープンソースプロジェクトをホスティングするウェブサイトを発表した。

 同社はサイトのFAQコーナーで「われわれは健全かつ生産的なオープンソースコミュニティの活動を支援することを目標としている」と述べている。

 同様のサービスとしては、10万以上ものオープンソースプロジェクトをホスティングするVA SoftwareのSourceForge.netが挙げられる。

 Googleの新サービスでは、すでにプロジェクトのホスティングが始まっており、ソフトウェアを保存する機能や、メーリングリストでディスカッションをする機能、バグを追跡する機能などが用意されている。同サービスは、さまざまなオープンソースライセンスが適用されるプロジェクトを対象とする意向だが、現在のところ、対象となっているライセンスの種類は十分ではない。

 Googleは「CollabNet Subversion」というソフトウェアを用いてこのサービスを実現している。Stein氏自身は実は、CollabNetに在籍していたときに、Subversionの開発に携わった経験をもつ。CollabNetもGoogleの今回の動きを歓迎している。

 CollabNetの共同創業者で最高技術責任者(CTO)を務めるBrian Behlendorf氏は「これはすばらしいことだ」と述べ、Googleが今もSubversionプロジェクトに貢献していると述べた。「Googleが、自社で作成したわけではないコードをもとにサービスを展開するなんて、めったにない」(Behlendorf氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加