Wired News買収企業、今度は健康情報サイトを買収

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)
2006年07月21日 17時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米大手出版社のConde Nastは米国時間7月20日、先週のWired News買収(買収金額は2500万ドル)に続いて、ウェブ部門の強化を狙ったさらなる買収を明らかにした。

 Conde Nastのウェブ部門CondeNetは、健康や栄養に関する情報を取り扱うウェブサイトNutritionData.comを買収したことを明らかにした。同サイトの月間ユニークビジター数は約60万人だという。同サイトは間もなく、女性読者の獲得を目的に、CondeNetが運営する食生活および健康関連サイトに加わることとなる。

 一方で、Conde NastはWired Newsを買収することにより、8年にわたり分裂していたWired.comとWired Magazine誌を再統合し、主に男性読者の獲得を目指すようだ。

 CondeNetは、「The New Yorker」「Vanity Fair」「Self」といった同社雑誌を補完するためだけのポータルサイトだけでなく、独自のウェブサイトを拡充することを目指している。しかし、そのためには、同社が過去と同じことを繰り返そうとしている、と批判する人々を納得させ必要もある。

 例えば、同社は過去に、広範にわたる健康情報を取り扱ったウェブサイトPhys.comを独自サイトとして運営していた。しかし、同サイトは結局、カロリー計算や理想の体重、BMI指数を計る健康関連の計算ツールを残して、Self誌のポータルサイトと統合されることとなった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加