ウイルスは減ったが不正アクセスや相談件数が増加--IPAが届出状況を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IPA/ISEC(独立行政法人 情報処理推進機構セキュリティセンター)は7月4日、6月分および2006年上半期のコンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況を発表した。発表によると、6月はウイルスの届出件数は減ったものの、不正アクセスや相談の件数が増えていることが判明した。

 6月のウイルス検出数は約164万個で、5月の約178万個から7.9%の減少となった。また、6月の届出件数は3547件となり、5月の3651件から2.8%の減少となった。検出数の1位は「W32/Netsky」で約133万個、2位は「W32/Mytob」で約14万個、3位は「W32/Bagle」で約7万個であった。

 不正アクセスの届出状況では、6月の届出件数は22件であり、そのうち被害のあった件数は20件であった。被害届出の内訳は侵入12件、ワーム感染4件、DoS攻撃1件、その他(被害あり)3件で、侵入届出の内訳は、SSHで使用するポートへの攻撃を受けた結果侵入されたというものが5件、フィッシングに悪用するためのウェブコンテンツを設置させられていたというものが1件、ウイルス添付のフィッシングメール送信の踏み台にされたものが1件となっている。

 相談受付状況では、6月の相談総件数は773件。そのうち「ワンクリック不正請求」に関する相談が211件(5月:210件)と、先月に記録した今までの最高件数をさらに更新した。また、セキュリティ対策ソフトの押し売りのような行為に関する相談が24件(5月:41件)と、なおも高い水準で推移している。その他は、Winnyに関連する相談が15件(3月:196件、4月:83件、5月:28件)などとなっている。

 2006年上半期の届出状況では、ウイルスの届出件数は23828件で、2004年上半期以来の低い件数となった。件数は2004年下半期をピークに減少傾向にある。ウイルス検出数では、2005年12月に「W32/Sober」が1千万件以上と大量に検出されたが、2006年1月には200万件を切り、4月以降は検出数合計でも200万件を下回っている。不正アクセスの届出件数は上半期の合計が164件で、前期の196件を下回り、2004年上半期から全期を通じて最も低い件数となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加