logo

アドビ システムズがAdobe Flex 2の提供を開始、SDKなどツールの無償提供も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズは6月29日、Adobe Flex 2製品群とAdobe Flash Player 9の提供に合わせ、新しいライセンスモデルを導入すると発表した。ツールセットのいくつかを無償で提供し、デベロッパーがソフトウェア費用を気にすることとなく、システムのモックアップや、プロトタイプ等の開発を実現することを支援する。

 無償で配布されるのは、Adobe Flex 2 SDKとAdobe Flex Data Services 2 Expressで、Adobe Flex Data Service 2 Expressには、展開するアプリケーション数に制限があるほかに機能的な制限はなく、開発者はRIA開発に必要なすべての機能を無償で利用できる。

 Adobe Flex Builder 2は、アプリケーション開発とUI設計のための組み込みコントロールとサービス ライブラリを含む、EclipseベースのIDE(統合開発環境)。さらにAdobe Flex Data Services 2を組み合わせることで、リアルタイムのデータ同期機能や、コラボレーション機能を持つアプリケーション開発を容易に行えるようにする。

 価格は、Adobe Flex Builder 2が64900円、Adobe Flex Charting 2が38900円(ダウンロード提供)、Adobe Flex Builder 2 with Chartingが97900円、Adobe Flex Data Services Departmentalが78万円、Adobe Flex Data Servicies 2 Enterpriseが260万円。なお、Adobe Flex Data Services 2 Expressは無償(ダウンロード提供)となる。

-PR-企画特集