SNSのMySpace、求人サイトのSimply Hiredと提携

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年06月13日 17時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人気のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)であるMySpaceが、求人サイトのSimply Hiredと提携し、求人サービスを提供開始した。

 米国時間6月12日に開設された新しいウェブサイトMySpace CareersはSimply Hiredのオンライン求人情報検索エンジンを利用した求人サービスだ。

 このサイトはMySpaceユーザーに多い若年層をターゲットにしたもので、インターンシップ、救助員、キャンプカウンセラー、造園業などの夏季限定の仕事カテゴリも用意している。

 News Corp.は4月、Simply Hiredに1350万ドルを出資し、ベンチャーキャピタルのFoundation Capitalと並ぶ株主になった。また、MySpaceの親会社であるFox Interactive Mediaは、News Corp.の傘下にある。

 Simply Hiredの最高経営責任者(CEO)であるGautam Godhwani氏は声明文で、就職活動で役立つのは人脈だと述べている。Simply Hiredは、MySpace環境を利用して求職者と求人企業を結びつけることで、SNS人気にあやかりたいという。

 Simply Hiredが発表した声明によると、同社はウェブクローリングソフトウェアを利用することで、求職者が複数の求人サイトを検索できるようにしているという。

 2005年8月にNews Corp.に買収されて以来、MySpaceはSNSの枠を超えて事業を拡大させている。2006年4月には、「24 -TWENTY FOUR-」などの人気番組を1ドル99セントでダウンロードできるサービスを開始している。また、人気ビデオ共有サイトのYouTubeとも競合している。

 調査会社Student Monitorが6月1日に発表した調査結果によると、MySpaceは「イン(in=流行している)である」と回答した大学生は58%だっとという。同じくSNSのFacebookは、71%が「イン」と回答している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加