logo

FOMA端末でWMAの音楽ファイルが再生可能に--MSとドコモが技術協力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MicrosoftとNTTドコモは5月11日、今夏発売予定のFOMA F902iSに、Windows Media Technologyを搭載すると発表した。両社はFOMA端末へのWindows Media Technologyの搭載およびそれに向けた技術提供について協力していた。

060511_f902is.jpg FOMA F902iS

 FOMA F902iSは、Windows Media Audio(WMA)とWindows Media Digital Rights Management 10 for Portable Devicesをサポートし、PCから携帯電話へ楽曲を持ち出すことが可能。ユーザーは、WMA形式のPC向け音楽配信サービスで購入した楽曲や、CDからリッピングした楽曲を携帯電話で楽しむことができる。

 ドコモは今後、WMAおよびWindows Media DRM 10をサポートし、対応機種を順次拡大していくとともに、iモードを利用したコンテンツダウンロードや、FOMA端末へのWindows Media Video搭載についても検討するとしている。また、海外のiモード提携オペレータの端末についても、Windows Media Technologyの搭載を検討する。

 Microsoftは、今後の携帯電話向けサービスの需要にあわせ、携帯電話の通信機能を利用して直接ライセンスを取得できる仕組みや、携帯電話に特化した著作権管理技術をWindows Media Technologyに盛り込むことを検討するとしている。

-PR-企画特集