ソニーが負けを認めた?--音楽管理用アプリでAACにも対応へ

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里、坂和敏(編集部)2006年05月11日 14時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerが楽曲ダウンロードサービスの分野で引き続き圧倒的な強さをみせるなか、かつては携帯音楽プレイヤー市場の覇者だったソニーが、自社の音楽管理ソフトウェアにAppleの音楽ファイルフォーマットとの互換性を持たせようとしている。

 同社は米国時間5月9日に自社の楽曲圧縮技術に関して、競合する複数のフォーマットとの互換性を持たせることにしたと発表した。互換性が確保されるファイルフォーマットには、Appleが提供するAACフォーマットも含まれる。

 ソニーはこれまで、自社のATRAC形式に固執してきた。ソニーの音楽管理ソフトウェアがAACフォーマットに対応したことについて、アナリストらは、ソニーがデジタル音楽市場の覇権をAppleに握られてしまったことを認めたことを意味すると、口を揃えている。

 American Technology ResearchのアナリストShaw Wu氏は「ソニーは大きく変わった。しかし、これは驚くには値しない。Appleのライバル企業はみな、Appleの勢いを止めようとしてきたのに、Appleの市場シェアは拡大し続けているのだから」と述べる。

 今回の発表について、10日にソニーにコメントを求めたが、返事は得られなかった。

 今後、iPodのユーザーはソニーの音楽管理ソフトウェアを利用して、CDからリッピングした楽曲に限り、ソニーのWALKMANに移すことができるようになる。だだし、iTunes Music Storeからダウンロードした楽曲は、Apple製のプレイヤー以外では再生できない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加