logo

マイクロソフト、第3四半期決算を発表--予想額には届かず - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年04月28日 11時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Bernstein ResearchのアナリストCharles Di Bona氏は、今週発表した研究報告書の中で、新会計年度における同社の売り上げ高は504億8000万ドルとなり、1株当たり利益は1.54ドルに上る見込みだとした。

 今回の収支報告発表後、Microsoftの株価は時間外取り引きにおいて値を下げている。通常取引における終値が27.25ドルだったところ、これより5%以上低い25.66ドルへ下落した。

 アナリストとの電話会議の席上、Microsoftは、検索事業の売り上げが予測を下回ったことを明らかにしている。その理由として同社は、Yahooの広告プラットフォームから自社のMSN adCenterへと移行作業中であることを挙げた。MSNでは検索件数が増加したものの、検索1回あたりの売り上げが前年同期より落ち込んでいる。adCenterへの移行が続くため、今四半期の売り上げも4〜5%落ち込むものとMicrosoftでは見積もっている。

 またMicrosoftは同四半期に、Xbox 360コンソールを170万台出荷したと述べている。同社では、1カ月当たり450〜550万台としていた6月末までの出荷台数予測を、1カ月当たり500〜550万台へと修正した。

 電話会議で最高財務責任者(CFO)のChris Liddell氏は、「第3四半期にわれわれはXbox 360の供給体制を強化した」と述べた。しかし、これがコストの増大につながったと同氏は指摘している。また、旧型Xbox向けのゲームの売り上げが予測よりも落ち込んだため、旧型Xbox用ゲームのソフトウェアライセンスの売り上げが低調だった。

 Liddell氏は、サービスやハイエンドコンピューティングなどの分野に投資する決定を下すと、短期的には売り上げも落ち込むものだと述べている。

 「こうしたトレードオフはいとわずに受け入れていく方針だ」(Liddell氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]