SentivisionとSCN、Edyで支払いできるHD映像配信のVODシステムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sentivision(センティビジョン)とソニーコミュニケーションネットワーク(SCN)は4月24日、電子マネー「Edy(エディ)」による決済でHD映像が視聴できる新たなVODシステムを共同開発したと発表した。

 今回開発されたシステムは、ハードディスクを内蔵した小型セットトップボックス(STB)をネットワークとテレビにつなぐだけで、ストリーミングダウンロード配信によるVODサービスが利用できるというもの。映像配信のフォーマットはSentivisionの開発したH.264コーデック等を採用している。

小型STB、FeliCa対応リーダーライター、Edyカード 左から小型STB、FeliCa対応リーダーライター、Edyカード

 STBの外形寸法は高さ50mm×幅100mm×奥行100mm、重量約300gという小型サイズで、テレビをはじめとする家電機器等への内蔵も想定しているという。

 両社は、ソニーとビットワレットの協力を得て、コンテンツホルダー、機器メーカー、回線事業者等を対象に、このHD映像配信VODシステムを利用した実証実験を4月より6月末まで行うとしている。

 なお、SCNは2月にSentivisionの第三者割当増資を引き受けており、発行済株式数36.8%でSentivisionの筆頭株主となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加