logo

インターネットに活躍の場を移す有望クリエーターたち - (page 2)

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、長谷睦2006年04月17日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「映画制作者には表現したいことがある。それなのに、ハリウッドの収入モデルに従った作品を作らされるケースがあまりにも多すぎる。短編映画には、制作者の魂が込められている」(Reitman氏)

 Atom Entertainmentの映像部門、Atom Filmsのゼネラルマネージャー、Scott Roesch氏は、こうした魅力を持つウェブは、今後、メジャー映画の二軍的扱いを脱する可能性があると話す。Atom Entertainmentでは、ゲームや短編映画、アニメーションを集めてウェブ上で公開している。

 「インターネットをさらなる飛躍への踏み台として使うのではなく、もっぱらインターネット向けに短編映画や長編を制作する人も登場するだろう」(Roesch氏)

 ウェブに活躍の場を移した有名クリエーターには、ほかにもアニメーターのAdam Philips氏やカナダの独立系映画制作者、Jeff Macpherson氏がいる。

 Macpherson氏は、AppleのiTunesで最も人気のあるビデオキャストの1つ、「TikiBar TV」を制作している。Macpherson氏のアパートで撮影されるTikiBar TVは、あるドクターがカクテルを処方して患者の悩みを解決する、シリーズ物のコメディだ。カナダの新聞National Post紙に2006年1月掲載された記事によると、この作品のおかげで、Macpherson氏はポッドキャスティングの制作資金を確保できたほか、同氏が制作した長編映画の1つに、映画会社が関心を示しているという。

 Macpherson氏はNational Post紙に「ポッドキャスティング(のおかげ)で、私の映画制作にも新たに注目が集まっている」と話している。

 一方、Phillips氏は、以前はDisneyのアニメーターだったが、現在はインターネット向けのFlashアニメーション制作に活動の中心を移している。Biteyという半人半獣の生き物を描いたアニメのショートコメディ「Bitey of Brackenwood」は、Newgrounds.comですでに100万回以上視聴された。Newgrounds.comは、Flashのアニメーションおよびゲームを専門に提供しているサイトだ。

 Macpherson氏とPhillips氏に取材を申し入れたが、どちらからも返答はなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]