logo

KDDIが社長会見、NTT分割論やEZwebの今後について言及 - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また、ワンセグ放送対応機については「もっとも消費者から求められている機能は、テレビだということがわかっていると語り、積極的に取りくむ姿勢を見せた。ワンセグ対応機好調な売れ行きを見せており、端末購入者が増えることで好循環を期待していると述べた。

 「最も消費者から求められている機能は、テレビだということがわかっている。消費者の求めるものを積極的に取り組んでいきたい。しかし、利用形態が多様化している昨今、必要ないとする人もいるだろう。すべての端末にワンセグ機能を搭載する必要はないと考えている」(小野寺氏)

「NTT線路部門は独立して公平競争条件を作るべき」

 小野寺氏は、総務大臣が主催している竹中平蔵総務大臣が直轄する私的懇談会「通信と放送の在り方に関する懇談会」で 設備投資に関する競争ルールについての話し合いがなされていることを明らかにした。

 設備ベースの競争について、小野寺氏は必要だと考えている。しかし、現在競争できる環境ができているかという疑問を投げかけた。

「NTTの回線利用は平等に利用できているが、設備を敷設する際にはNTTが有利になっている。ボトルネックがなくならない以上、公正競争条件はありえない。開放をきっちりとやるべきだ。そのためにはNTTの(回線事業を扱う)線路部門は分離独立の必要がある」(小野寺氏)。具体的には、NTTに「モノ・ヒト・カネ」の完全な遮断を望むとした。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]