logo

グループウェア「desknet's」がAjaxアプリ化を推進--「Bindows」採用を決定

ニューズフロント2006年03月10日 14時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパンは3月6日、ネオジャパンのウェブ対応グループウェア「desknet's」の開発フレームワークとして、MB TechnologiesのAjax開発フレームワーク「Bindows」を採用すると発表した。また、ネオジャパンは、Bindowsの国内における独占販売契約をMB Technologiesと結んだ。

 Bindowsは、C、C++、Java、PHP、Perlなどさまざまなプログラミング言語でウェブアプリケーションを開発できるフレームワーク。Bindowsで開発したAjaxアプリケーションは、動かす際にサーバおよびクライアント側にプラグインを導入する必要がなく、既存のウェブ環境で利用できる。

 ネオジャパンは、Bindowsを使用して、desknet'sのリッチインターネットアプリケーション(RIA)化を目指す。RIA化により、デスクトップアプリケーション並みの快適な応答性をウェブアプリケーションで実現できる。さらに、ドラッグ&ドロップや非同期通信などの機能も利用可能となる。

 ネオジャパンでは、初年度にdesknet'sユーザー3000社への提供を目指すほか、Bindows単体で1000ライセンスの販売を目標とする。

-PR-企画特集