logo

DeNAが三菱東京UFJ銀行と業務、資本提携--決済サービスも共同で提供予定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ディー・エヌ・エー(DeNA)と三菱東京UFJ銀行は2月9日、消費者向けサービス分野での電子商取引(EC)と金融の融合による新たな事業展開を目的に業務・資本提携を行うことで合意し、9日に基本合意書を締結したと発表した。あわせて、インターネットおよび携帯電話上での決済サービスを提供する「ネット決済センター」(仮称)を共同で設立する。

 両社は、共同出資によりネット決済センターを設立し、DeNAが運営するオークション&ショッピングサイト「ビッダーズ」や携帯電話専用オークションサイト「モバオク」をはじめとして、ネットショッピングやオークションサイト向けに、複数の金融機関および決済手段に対応した収納代行サービスをパッケージ化して提供する。

 このネット決済センターを利用することにより、銀行口座決済を含めた複数の決済手段を、ユーザーが自由に選択できるほか、相対的に安価な決済手数料やエスクロー機能などが利用できるようになる。

 ネット決済センターの資本金、出資比率、商号などの具体的な内容は未定だが、DeNA、三菱東京UFJ銀行のほか、三菱UFJフィナンシャルグループとリテール分野で業務・資本提携をしている農林中央金庫も出資を予定している。

 三菱東京UFJ銀行以外にも多くの金融機関が利用できるよう、JAバンクをはじめ、全国の金融機関に提携を呼びかけていく。また、収納代行サービスの運用に関しては、UFJニコスと協働していく方針だ。

 また、業務提携を安定的かつ効果的なものとするため、三菱東京UFJ銀行は発行済み株式総数の3%を目処にDeNAへ出資をする予定だ。第三者割当増資も含めて、具体的な内容は未定だ。

 今後、DeNAと三菱東京UFJ銀行は、3月末までにネット決済センターの設立と業務・資本提携に関する正式契約を締結すべく、具体的協議を進めていくとしている。また、ネット決済センターは、9月末までに業務およびサービスの開始を予定している。

-PR-企画特集