logo

マイクロソフト、Mac版IEのサポートを打ち切りへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Macユーザーで、いまだに「Internet Explorer(IE)」を使っている少数派は、ブラウザの移行をかなり早急に検討する必要がある。Microsoftが12月31日でIEのサポートを打ち切る予定だからだ。

 このニュースは、米国時間16日に出された声明で明らかになったが、Macユーザーにはある程度予想が付いていた。Microsoftでは2003年6月に、Mac版IEのサポート終了の意向を明らかにしていた。Mac版IEのアップデートはここ3年間出ておらず、Macユーザー用の最新バージョンは、Windows版より1つ前の5のままだった。

 Mac版IEは、サポート終了後も1カ月間は引き続き公開されているが、MicrosoftはIEユーザーに対して、「AppleのSafariなど最新のブラウザ」へ移行するよう求めている。

 大半のAppleユーザーがすでに別のブラウザを利用しており、IEのサポートが終了しても問題が生じる可能性は少ない。ただし、設計がIEにしか対応していない一部のウェブサイトでは問題が発生する可能性もある。

 この問題の影響はごく一部のサイトにしかないが、問題は完全には解消されていない。たとえば6月には、ウェブテスト会社のSciVisumが、英国のウェブサイトは10カ所中1カ所がFirefoxでは適切に動作しないことを明かしていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集