logo

ソフトバンクの業績回復は本物--携帯電話は「5年10年かけてじっくりと」

別井貴志(編集部)2005年11月10日 22時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「トンネルはいつか抜けるとわかってても、いざ実際に抜けてみるとうれしいものだ。ここからは、着実に利益を大きく伸ばしていきたい」。2006年3月期中間決算で、営業利益が4年半ぶりに黒字転換したことを、ソフトバンクの代表取締役社長である孫正義氏はこう表現した。

 11月10日に発表した2006年3月期の上半期(4〜9月)連結決算は、売上高が前年同期比72%増と大幅に増加し、以前から孫氏が語っている「年間1兆円規模の売り上げ達成」がほぼ確実となった。また、営業利益が44億円と、半期ベースで4年半ぶりに黒字転換した(表1、グラフ)。

 ADSLなどのブロードバンド事業の売上高は1256億円と前年同期比31%伸び、営業利益は10億円の赤字と、前年同期の346億円の赤字から大幅に縮小した。固定通信事業は、売上高が1719億円と前年同期比2%増のほぼ横ばいだが、日本テレコムの「おとくライン」の初期投資負担がいまだに響き、営業利益は262億円の赤字だった。

表1:上半期の業績
項目 2006年3月期決算上半期 2005年3月期決算上半期 増減率(%)
売上高 5227 3037 72.11
営業利益 44 ▲ 67 -
経常利益 ▲ 134 ▲ 259 -
純利益 ▲ 41 ▲ 60 -
単位:億円

グラフ:半期ベース連結営業利益の推移
051110_sb02.jpg

 四半期で見ると、第2四半期(7〜9月)のブロードバンド事業の営業利益は事業開始以来初めて34億円の黒字を計上した。これが寄与して、全体の営業利益も75億円の黒字転換した(表2)。

表2:第2四半期(7〜9月)の業績
項目 2006年3月期決算第2四半期 2005年3月期決算第2四半期 増減率(%)
売上高 2641 1563 68.97
営業利益 75 ▲ 29 -
経常利益 ▲ 4 ▲ 142 -
純利益 69 118 ▲ 41.53
単位:億円

 孫氏は、「ブロードバンド事業が先行投資期から完全に移行し、おとくラインも法人向けが寄与しつつあり、各事業が順調に推移しているため、通期でも営業利益、純利益ともに黒字化を達成できるだろう」と見通しを示した。

 これは直接的な事業以外にも、有価証券の売却益を計上して、これまでの投資が回収期に入っていることも背景にある。上半期には「SB ITファンド1・2号」や「ブロードバンドタワー」などの売却益を合計で522億円計上した。下半期もすでに中国のTaoBaoの売却益を406億円、Yahoo!英国、ドイツ、フランス、韓国の売却益を533億円計上している。

-PR-企画特集