フォトレポート:ウィルコム、SIMと対応音声・データ端末を発売

別井貴志(編集部)2005年10月19日 16時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ウィルコムは10月19日、PHS通信モジュールの「W-SIM(ウィルコムシム)」と、W-SIM対応の音声端末「WS001IN(TinyTalk)」、W-SIM対応のデータ端末「WS002IN(Data Driver)」を11月25日に発売すると発表した。音声端末のサイズは約47.8×101.0×20.4mmで、重さは約66g。カラーはブルーとグリーン、レッドの3色。データ端末は、4xパケット通信に対応したUSB型だ。

 ウィルコムは10月19日、PHS通信モジュールの「W-SIM(ウィルコムシム)」と、W-SIM対応の音声端末「WS001IN(TinyTalk)」、W-SIM対応のデータ端末「WS002IN(Data Driver)」を11月25日に発売すると発表した。音声端末のサイズは約47.8×101.0×20.4mmで、重さは約66g。カラーはブルーとグリーン、レッドの3色。データ端末は、4xパケット通信に対応したUSB型だ。

写真提供:willcom

 ウィルコムは10月19日、PHS通信モジュールの「W-SIM(ウィルコムシム)」と、W-SIM対応の音声端末「WS001IN(TinyTalk)」、W-SIM対応のデータ端末「WS002IN(Data Driver)」を11月25日に発売すると発表した。音声端末のサイズは約47.8×101.0×20.4mmで、重さは約66g。カラーはブルーとグリーン、レッドの3色。データ端末は、4xパケット通信に対応したUSB型だ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加