YOZAN、アイパスと公衆無線LANローミング契約を締結

エースラッシュ2005年10月17日 20時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YOZANは10月17日、無線LANサービスなどを提供する米iPass(アイパス)と、公衆無線LANのローミング契約を締結したと発表した。

 YOZANはWiMAXによる無線LANサービスを12月に開始する予定で、現在東京都心部を中心にWiMAXを基盤としたWi-Fiアクセスポイントを拡充している。今回の契約は、このWiMAX/Wi-Fiのハイブリッドネットワークを他事業者へ提供するVNO(Virtual Network Operator)モデルの第1弾にあたる。

 アイパスは世界150カ国以上でリモートアクセスを提供している。今回の提携により、アイパスのサービスを利用しているユーザーは、単一のクライアントソフト「iPassConnect」でYOZANの提供するWi-Fiアクセスポイントを利用できるようになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加