HP、ノートPC用バッテリ13万5000個をリコール

Dinesh C. Sharma(Special to CNET News.com)2005年10月17日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間14日、同社のノートPC用バッテリに付属するバッテリのリコールを発表した。2004年3月から2005年5月にかけて全世界で販売された13万5000台のノートPCのバッテリが対象となる。

 このうち、約8万5000個のリチウムイオン電池は米国で販売されたと同社は述べている。この製品については、内部回路のショートによる過熱の問題が16件されているという。

 さらにこのバッテリの問題で、ノートPCのケースが溶けたり、黒焦げになったりするなどして、小規模な物品損害が発生した例も4件(うち米国では1件)報告されている。

 リコールされた製品は中国や台湾製で、同社の「Pavilion」「HP Compaq」「Presario」「Evo」の各ブランドで販売されたノートPCに付属していた。これらのPCは2004年3月から9月にかけて製造されたもので、「GC」「IA」「L0」「L1」で始まるバーコードラベルが付されている。問題のバッテリは100〜130ドルで単品販売もされていた。

 HPは顧客に対して、問題のバッテリの使用を中止し、同社のウェブサイトから無償交換の手続きを行うように呼びかけている。

 ノートPCや携帯電話のような端末用のバッテリが、製造上の問題からリコールにつながったことは、これまでにもある。Apple Computerは2005年に入って、PowerBook G4およびiBook G4とともに出荷されたあわせて12万8000個のバッテリをリコールしていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加