沖電気、設定作業が不要な家庭ネット向けゲートウェイを開発

ニューズフロント2005年10月14日 21時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は10月14日、家庭ネットワーク向けのゲートウェイプラットフォーム「BB MediaRouter(BBMR)」を発表した。今後、商品化を進めつつ、通信キャリア、インターネットサービスプロバイダ、自治体などへの提案および販売活動を進める。

 同社では、ネットワークなどの情報通信技術が家電機器と融合することで、「ブロードバンド」(生活情報、エンターテインメント)、「アメニティ」(快適制御、省エネ)、「セキュリティ」(防犯、防災)、「ヘルスケア」(健康、医療/介護)という新しいサービスが生まれるとみている。これら4分野のサービスは異なるプロトコルで構成されるので、「各サービスを有機的に接続するためのプラットフォームが必要になると考え、BBMRを開発した」(同社)。

 BBMRは、各サービス間のプロトコル変換を行うゲートウェイ機能を持ち、4つのサービスをシームレスに利用可能とする。これにより、「エンドユーザーは家庭内にある既存インフラを有効活用しつつ、家電製品がネットワークに繋がることによる新たな便利さを享受できる」(同社)。また、複雑なネットワーク機器の設定作業が不要になるので、誰でも簡単に扱えるという。

 インテルIXP425ネットワーク・プロセッサを搭載し、インターネットイニシアティブの「ゼロ・コンフィグレーション」技術で設定作業の軽減を図った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加