logo

フォトレポート:実用化が迫る電力線通信

文:永井美智子(編集部)、写真:津島隆雄2005年10月09日 14時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電力線を通信回線として利用し、機器のコードをコンセントに挿すだけで通信ができる高速電力線通信(PLC)が注目を集めている。日本では規制の関係で商用化は数年後と見られるが、対応チップのサンプル出荷が始まるなど、技術的には実用化の時期が見えている。幕張メッセで10月8日まで開催されたCEATEC JAPAN 2005では、複数の企業がPLC関連機器を展示していた。

 松下電器産業は、PLCを使ってネットワークカメラをPCで遠隔操作したり(写真1)、サーバに保存したHD(高品位)映像をテレビに表示させたりするデモンストレーションを示した(写真2)。

写真1.PLCに接続されたネットワークカメラ。電力線を通じてPCから遠隔操作できる

写真2.HD映像もPLCを介してテレビに送信できる

-PR-企画特集