logo

フォトレポート:進化するディスプレイ--CEATEC JAPAN 2005から - (page 4)

永井美智子(編集部) 文:永井美智子(編集部)、写真:津島隆雄2005年10月08日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは1つのディスプレイを左右から見たときに異なる画面が表示される「デュアルビュー液晶」を出展した。液晶の大きさに関わらず実現可能な技術といい、CEATECでは45型の液晶ディスプレイでデモンストレーションを示した。左右どちらから見ても、気になるほどの画質の劣化はない。

 デュアルビュー液晶はカーナビゲーションシステムでは運転手側に地図を、助手席側にDVDの映像を表示するといったことが考えられるが、会場では1つのゲームを2人でプレイすることを想定し、左側にプレイヤー1の画面を、右側にプレイヤー2の画面を表示して見せた。なお、音声は左右のスピーカーの出力を調整し、左右それぞれに違う音を出すことも可能という。

ディスプレイを左から見ると、プレイヤー1の画面が見える

同じディスプレイを右から見ると、こちらはプレイヤー2の画面になる

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]