logo

フォトレポート:進化するディスプレイ--CEATEC JAPAN 2005から - (page 2)

永井美智子(編集部) 文:永井美智子(編集部)、写真:津島隆雄2005年10月08日 12時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは立体映像表示技術「フローティングインターフェース」を展示している。センサーに囲まれたバーチャルスクリーン上で指先を動かすとセンサーが感知し、投射している映像が変化したり、指先で空中に文字や絵を描けるというものだ(関連記事)。

 会場では実際に来場者が空中に文字を書けるディスプレイのほか、この技術を生かした「3Dコンパニオン HARUKA」も展示している。立体的な映像で、触れようとすると反応する。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]