logo

Wikipediaがプロの物書きを超える?--米エスクワイア誌の挑戦 - (page 3)

Daniel Terdiman(CNET News.com)2005年09月30日 11時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の実験は、雑誌と読者の協力がより完成されたジャーナリズムを生み出せることを示す好例だと、Walesは考えている。

 「何に関するものであれ、実際の記事とうまく連動していけたらおもしろいことになるだろう。例えば『TIME』誌などが選挙中に記事を執筆して、その編集に人々が関われるようにすれば楽しいのだが」(Wales)

 Walesはしかし、報道機関は自分たちの仕事にどのような人々の関与を許すのか、慎重に検討する必要があるとくぎを刺す。

 Walesは、読者に共同で社説を編集してもらうという、Los Angeles Timesが先ごろ試みた「Wikitorial」に言及した。

 「あれはまさしく、大失敗というほかない試みだった。Los Angeles Timesはしっかりしたコミュニティを形成していなかったので、有象無象の輩が乱入してきてしまったのである。結局は蛮行が横行して、この取り組みは中止に追い込まれた」(Wales)

 Jacobsの原稿修正に参加したWikipediaユーザーの1人、Kelly Martinは、以前あるテレビ局がWikipediaコミュニティとともに記事を編集しようとしたことがあったが、今回の実験はこれよりはるかにうまくいったと話している。

 「(テレビ局の実験では)方向性と方針が非常に曖昧で、結果も混乱したものになってしまった。一方Esquireの実験は、成功だったと言える。今回はコミュニティも目的を意識しており、記事に不適切な編集が加えられていないかを判断するための材料が豊富にあった」(Martin)

 もっとも、WalesはJacobsの取り組みを評価してはいるが、同様のプロジェクトを今後も支持していくかどうかについては決めかねているという。最終的にはWikipediaコミュニティの反応を見て結論を出すと、Jacobsは述べている。

 「Wikipediaを世に広めるのに、こうした方法を推奨してよいものかどうかわからない。よい方法なのかもしれないとは思っている。実際に実験はうまくいったし、コミュニティもこれを楽しみ、刺激を受けたわけだから」(Jacobs)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]