フォトレポート:富士通研が開発した人型ロボット「エノン」とは

永井美智子(編集部)2005年09月14日 14時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通研究所と富士通フロンテックは9月13日、荷物の搬送や建物内の案内ができる車輪走行の人型ロボット「enon(エノン)」を共同で開発したと発表した(詳細記事)。2004年9月に発表したロボット「富士通サービスロボット(FSR)」に比べて小型化し(関連記事)、商業施設やオフィスなどで導入しやすくした。

  enonは胴体部分にスペースがあり、荷物を搭載して指定の位置に運ぶことができる。音声認識機能を備えており、荷物を載せて「運んで」と話しかけると、自動的に移動する。また、指定した位置に着くと、荷物を自分で降ろす機能も備える。

enonが荷物を運ぶ様子(動画)
62K
168K
Windows Media Player

  • このエントリーをはてなブックマークに追加