logo

松下電池とインテル、全ノートPCを8時間駆動させる技術を共同開発

エースラッシュ2005年08月24日 19時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電池工業とインテルは8月24日、ノートPCの駆動時間を延長させる技術の共同開発に合意したと発表した。松下電池工業の高容量リチウムイオン電池技術と、インテルの省電力化技術を融合させる。

 松下電池工業は、1回の充電で1日の仕事時間(約8時間)の間ノートPCを稼動させるコンセプト「All day computing」を掲げ、次世代高容量リチウムイオン電池の技術を開発中である。2006年4月には、ニッケル酸正極を用いた高容量リチウムイオン電池を出荷する。

 一方、インテルはノートPC用向けに特化した半導体技術を開発している。

-PR-企画特集