リクルートとヤフー、旅行関連サービスで提携--国内最大級の予約サービス

藤本京子(編集部)2005年08月03日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リクルートとヤフーは8月2日、共同で旅行サービス関連を展開すると発表した。両社はこれまでにも、総合求人情報サービス「Yahoo!リクナビ」を共同展開するなど提携関係にあったが、「旅行者のさまざまなニーズに総合的にこたえていくために、両社の協力体制をさらに強化する」としている。

 両社はまず、「日本最大級の国内宿泊施設予約サービスを構築する」としており、リクルートが展開する国内宿泊施設予約サービス「じゃらんnet」の契約宿泊施設を、Yahoo! JAPANが展開する総合旅行サービス「Yahoo!トラベル」および「Yahoo!ビジネストラベル」から予約できるようにする。これにより、「Yahoo!トラベル」で予約できる国内の宿泊施設の数は、これまでの約8500施設から約1万5000施設になる。両社は、2005年9月にはプレサービスを開始し、2006年1月より本サービスを開始する予定だ。

 リクルートは、Yahoo! JAPANの集客力により、予約件数および契約宿泊施設数の拡大が見込める。一方のヤフーは、じゃらんnetの契約宿泊施設を同社の旅行サービスのラインナップとして加えることで、品ぞろえが強化できる。両社では、「協力体制をさらに進めることで、契約宿泊施設数、顧客数ともに国内最大級のインターネット旅行関連サービスが誕生する」としている。

 また両社は、海外旅行関連分野についても順次検討するとしている。開始時期は未定だが、リクルートが展開する海外旅行情報サイト「AB-ROAD.net」とYahoo!トラベルの共同展開を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加