gooと魔法のiらんどが連携--MSNとの関係は?

永井美智子(編集部)2005年07月28日 21時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 gooを運営するNTTレゾナントは7月28日、モバイル事業を強化するため、携帯電話コミュニティサイト「魔法のiらんど」を運営するティー・オー・エス(T.O.S)と資本・業務提携すると発表した。

 T.O.Sが発行する5000万円の第三者割当増資をNTTレゾナントが引き受ける。NTTレゾナントの出資比率は2.4%となる。

 両社はサービスの連携も進める。まず魔法のiらんどでgooのモバイル用検索エンジンが利用できるようにする。今後は魔法のiらんどとgooのコンテンツも連携させるとしているが、具体的な内容は明らかにしていない。

 魔法のiらんどは携帯電話からホームページを作成できるサービス。2005年3月末時点のユーザID数は400万件で、ページビューは月間8億2800万(うちモバイルが5億4600万)となっている。会員は62%が女性で、その約90%が10代から20代という。

 なお、T.O.Sは2004年8月にマイクロソフトとも提携している(関連記事) 。マイクロソフトのブログサービス「MSN Spaces」を共同開発しており、ブログサイトの監視などを手がけている。T.O.Sでは「マイクロソフトとの提携関係は今後も続ける。マイクロソフトとはブログサービスを共同で展開し、NTTレゾナントとはブログ以外のサービスで提携する」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加