ボーダフォンの3Gデータ通信カード、日本初の国際ローミング対応

エースラッシュ2005年07月26日 20時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーダフォンは7月26日、ボーダフォンコネクトカード「VC701SI」のファームウェアを2005年9月上旬以降にバージョンアップすると発表した。

 「VC701SI」は2004年4月から販売されているコンパクトフラッシュ型のデータ通信専用カードだ。W-CDMA方式に対応しており、下り最大384Kbpsのパケット通信が可能だ。

 今回のバージョンアップにより、同製品は国際ローミングに対応する。すでに同製品を利用中のユーザーに向けてはバージョンアップ用のCD-ROMを配布する予定。国際ローミング時の接続先を設定する「ローミング設定ツール」も同梱される。

 ローミングに対応しているのは、ヨーロッパやアジアなど18の国と地域、計20事業者。通信料金やセットアップチャージ、ミニマムチャージの有無は各国、各事業者によって異なる。国際ローミング時の通信料金は、無料通信や各種割引サービスは適用されない。

 3G方式のデータカードの国際ローミングは同製品が日本初となる。

ボーダフォン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加