デジタルアーツ、未知の有害サイトもブロックするフィルタリングソフト

ニューズフロント2005年07月22日 15時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルアーツは7月22日、子どもの閲覧に適さないウェブサイトへのアクセスを遮断するフィルタリングソフトの新版「i-フィルター4」の販売を開始した。税込み価格は6090円。

 同ソフトは、有害サイトのURLが登録されたURLデータベースを参照してアクセスを制限する。「登録ページ数は純国産フィルタリングソフトとしては最大の1億2000万ページで、日々更新している」(同社)。また今回、未知のサイトもフィルタリングできるエンジン「ZBRAIN」を家庭向け製品で初めて搭載し、データベースにない有害サイトもフィルタリングできるようになった。

 さらに、クレジットカード番号や携帯電話番号、住所、氏名などの個人情報も入力した段階で送信をさせないという個人情報保護機能を搭載したほか、利用時間帯制限、持ち時間制限、ログ取得、アプリケーション制限といった機能も備える。

 同社は、30日間試用可能なi-フィルター4の体験版を、7月29日より無償で提供する。

デジタルアーツのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加