logo

エイベックス、アップルのiTMSに楽曲提供で最終合意

藤本京子(編集部)2005年07月15日 11時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エイベックス・グループ・ホールディングスは7月14日、同社の100%子会社であるエイベックス ネットワーク(ANI)が、日本国内でサービス開始予定の「iTunes Music Store(iTMS)」に楽曲を提供することで最終合意したと発表した。

 今回の合意は、ANIと、米Apple Computerの100%子会社として東京都内に設立されたアイチューンズとの契約によるもの。Appleは、この子会社を通じてiTMSの国内サービスを提供するとみられる。

 ANIは、同社グループが権利を保有するシングル楽曲やアルバム楽曲に加え、iTMSに向けた限定楽曲を提供する予定だ。

 なお、日本国内におけるiTMSの提供開始時期については、8月に開始するとの報道もあるが、アップルコンピュータ日本法人の広報部では、「年内には開始する予定」と述べるにとどまっている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]