KDDI、XML対応BREWアプリを開発--まずはセールスフォースと連携

永井美智子(編集部)2005年06月13日 21時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは6月13日、XML対応のBREWアプリケーションを開発したと発表した。これにより、auの携帯電話から業務アプリケーションサーバにSOAPプロトコルを使って通信できるようになる。

 同社では第一弾として、米Salesforce.comのCRMサービス「salesforce.com」とau携帯電話を連携させ、携帯電話からsalesforce.comのデータを参照したり、登録したりできるようにする。

 今回KDDIが開発したのは、携帯電話内のデータをXMLに構文化したり、サーバから送られてきたXMLデータを解析したりするミドルウェア。実際の開発は北海道大学などが出資するベンチャー企業のテクノフェイスが担当した。

 Salesforce.comはこのミドルウェア上で動くBREWアプリ「salesforce.com Mobile Edition for au」を開発した。このアプリを使うことで、ユーザーはサーバに保存されたスケジュールや顧客情報を携帯電話で閲覧できる。また、商談の結果などを携帯電話から送信してデータベースを更新できるため、営業情報をサーバで一元管理することも可能だ。

 携帯電話を使った営業支援サービスは多くの企業が提供しているが、Salesforce.comのサービスは営業データを端末に保存し、オフラインで操作できる点が特徴だ。他社のサービスではデータの参照や入力の度にサーバと通信を行う必要があった。「例えば地下鉄の中で営業成績のデータを入力して、外に出てからサーバと同期するといったことができる」(セールスフォース・ドットコムビジネス開発本部担当マネージャーの仲澤輝宏氏)。携帯電話端末を紛失した場合には遠隔操作で端末内のデータを消去できるセキュリティ機能も備えている。

左からセールスフォース・ドットコム代表取締役社長の宇陀英次氏、米Salesforce.com代表取締役社長のジム・スティール氏、KDDI執行役員モバイルソリューション事業本部長の田中 孝司氏

 Salesforce.comとKDDIは、SMB市場向けに共同でsalesforce.com Mobile Edition for auを展開していく。「顧客の70%が携帯電話からでもsalesforce.comを利用したいと考えている」とセールスフォース・ドットコム代表取締役社長の宇陀英次氏は自信を見せる。また、KDDI執行役員モバイルソリューション事業本部長の田中 孝司氏は「携帯電話市場は飽和しているとも言われるが、法人市場に限って言えば年率で50%伸びている急成長分野だ」として、Salesforce.comとの連携に期待を寄せた。

 salesforce.com Mobile Edition for auは7月1日から、浅野歯科産業など数社が試験的に導入する予定。8月1日から無料サービスを開始し、10月1日より有料化する。価格は1ユーザーあたり1575円。ただしサーバ側のASPライセンスであるsalesforce.com Professional EditionまたはEnterprise Editionの契約が別途必要となる。現在対応が確認できている機種はW31K、W31SAのみだが、8月までにはほかのWIN端末にも対応していく予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加