logo

サン、ストレージテックを41億ドルで買収へ - (page 2)

Margaret Kane(CNET News.com)2005年06月03日 09時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Illuminataのアナリスト、Gordon Haffは今回の買収計画について、Sunにとっては理にはかなったものだが、同時にリスクの要素もぬぐえない「大胆な行動」だと述べている。

 同氏は特に、法人顧客がストレージ製品をIBMやHewlett-Packard(HP)のようなサーバベンダーか、もしくはEMCやNetwork Applianceなどのストレージ専門ベンダーから購入することが多い点を指摘する。

 「これは大きな買い物だ。かつてのIBM以上に総合的なシステムベンダーに変身しようというのは、Sunにとっては大きな賭だ。確かに、これだけの資金を投じるということは、Sunがそれだけ本気でストレージビジネスを成功させようしていることの現れだろう。さもなければ、この買収は将来凄まじい無駄遣いとして思い出されることになる」(Haff)

 同氏によると、Sunのストレージビジネスは、これまであまり大きな成功を収めていないという。

 SunとStorageTekはすでに提携関係にある。StorageTekによると、同社にとってSunは最大のOEM製品の供給先であり、Sunでは「StorEdge」というブランド名でStorageTekの製品を販売しているという。

 StorageTekはさらに、Hewlett-Packard(HP)や富士通シーメンス、SGI、Unisysなど複数のベンダーと再販契約も交わしている。Sunは現在、StorEdge 6920ストレージシステムなどのストレージ製品をいくつか販売しており、また先月にはProcom Technologyのストレージ資産を買収している。

 アナリストらは、これらのライバル各社とのOEMに関する関係が、Sunにとって問題になる可能性があるとしているが、それに対してSunの幹部やStorageTekの現CEO兼社長Patrick Martinは、両社の合併後も各社との提携関係は継続するようにしたいという。

 「各社との関係は現状のまま続くと予想している。この点に関して大きな問題はない」(Canepa)

 Martinによると、各OEM供給先がStorageTekの売上高に占める割合は、いずれも10%以下にとどまっているという。

 

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]