マイクロソフト、.NET開発者の育成支援を開始

エースラッシュ2005年05月20日 21時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは5月20日、日本情報技術取引所(JIET)およびJASIPA(日本情報化推進協会)と協業し、最新技術情報や開発トレーニングの提供を柱とする.NET開発者の育成支援プログラムを開始すると発表した。

 今回の育成支援は、各団体に加盟するソフトウェア開発企業の開発者を対象としたもの。ソフトウェア開発者の.NETに対する需要が急増していることを受け、開発者が必要とする最新技術情報や開発トレーニングを、所属業界団体を通じて提供される。団体支援プログラム「Microsoft Association Support(以下、MAS)」では、.NETでのアプリケーション開発スキルを身につけるためのトレーニングや自習教材等が提供されるという。

 具体的な支援内容は、希望する有償トレーニングコースの受講、定期的に開催される無償の.NET開発基礎トレーニングの受講、最新の製品情報/技術情報/イベント情報/各種開発者向けリソース等を入手できる専用ウェブサイトの利用、MAS専用事務局でのトレーニング開催に伴う事務業務や各種リソースの申込みなど。

 今年度は上記2団体について、主に関東地区のソフトウェア開発企業約1200社を対象とした支援を展開。今後はMASとして順次支援対象を拡大してゆく予定だ。

マイクロソフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加