logo

IDC Japan、国内通信事業者が提供する運用サービス市場規模を予測

エースラッシュ2005年04月21日 20時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは4月21日、国内通信事業者のiDC(インターネット・データ・センター)市場規模と2009年までの市場規模予測推移を発表した。詳細は同社の「国内通信事業者のソリューション/マネージドサービス市場2005年〜2009年の予測」にまとめられている。

 2004年末の市場規模は同社の推定によると、iDCが2081億円、セキュリティ関連サービスが1262億円、ネットワークサービスに直接部随して提供されるソリューション/マネージドサービスが1429億円となっている。また、2004年から2009年におけるCAGR(年平均成長率)はiDCが14.1%、セキュリティ関連サービスが24.0%、ネットワークソリューション/マネージドサービスが6.9%と予測している。

 国内通信事業者に求められているのは、高度化・複雑化する通信ネットワークを万全に運用し、高度なセキュリティ機能の提供を行うこと、という分析だ。また、ソリューション/マネージドサービスは将来にわたって国内通信事業者を支えるコア・コンピタンス分野であるとも見ている。

 各分野の需要の伸びの原因として、セキュリティ分野は個人情報保護法の施行を背景とした駆け込み需要を挙げ、iDCを中心とするマネージド機能は企業のアウトソース志向の高まりを挙げている。

IDC Japan

-PR-企画特集