logo

情報セキュリティは顔がポイント!?--SECURITY SHOW 2005/IC CARD WORLD 2005 速報-- - (page 2)

奥隆朗(CNET Japan編集部)2005年03月03日 22時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年3月2日から3月4日に開催されている「SECURITY SHOW 2005」は、情報セキュリティに加えて、ファシリティなどを含めたあらゆる分野のセキュリティソリューションを提示するイベントだ。今回は個人情報保護法とe文書法の施行を目前に控え、バイオメトリクスや監視カメラ、文書管理を中心としたセキュリティソリューションの出展が目立っていた。バイオメトリクスでは、指紋認証、静脈認証のほかに、顔の特徴で認証を行う顔面認証に注力するメーカーが多数見られた。一方「IC CARD WORLD 2005」は、本格普及が始まった電子マネーと社員証を組み合わせるソリューションのほか、RFIDを利用した管理システムなどが目立っていた。

動物などの誤検知の可能性を下げる動作検知システム。人間の大きさと、動くスピード、動く距離などを入力することで、人間以外のものかどうかを判断する(TOA)

顔面の特徴を捉えて認証する顔面認証のソフトがBREWなどのOSを搭載したケータイにも対応。10万画素のカメラで認証が可能なほか、4、5枚の写真を登録すると、99%の確率で認識できるようになるという(オムロン)

歩行中の人を顔面認証できるシステム。カメラの方向に自然に目がいくように、情報表示システムと組み合わせることで有効に利用できる(東芝)

オールインワンタイプのネットワークカメラレコーダー。最大1TBの容量が保存でき、DVDにも書き出せる。64台のカメラの同時制御も可能だ(ソニー)

4台の車載型監視カメラと車載型ビデオレコーダー、動き検知センサーがセットになったシステム。振動や温度差に対しての耐久性をあげるために記録画像はCFカードに記録する(CBC)

二次元バーコードを使って紙文書と電子文書を連携させ、業務効率化を図るためのシステム。RFIDと組み合わせることによって、管理自体の効率化も可能になる(コクヨ)

幅広いダイナミックレンジや色再現性を実現したネットワークカメラ用の新画像エンジン「SD?」。逆光補正の機能なども搭載し、昼間/夜間を問わず、高精細な画像を録画できる(松下電器産業)

松下電器産業と松下電工が協力して、リスクアセスメントのコンサルティングから機器の設置、運用のアウトソースまでを提供するセキュリティソリューション。ファシリティからセキュリティ機器まで幅広くカバーするのが特徴(松下電器産業)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]