logo

情報セキュリティは顔がポイント!?--SECURITY SHOW 2005/IC CARD WORLD 2005 速報--

奥隆朗(CNET Japan編集部)2005年03月03日 22時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年3月2日から3月4日に開催されている「SECURITY SHOW 2005」は、情報セキュリティに加えて、ファシリティなどを含めたあらゆる分野のセキュリティソリューションを提示するイベントだ。今回は個人情報保護法とe文書法の施行を目前に控え、バイオメトリクスや監視カメラ、文書管理を中心としたセキュリティソリューションの出展が目立っていた。バイオメトリクスでは、指紋認証、静脈認証のほかに、顔の特徴で認証を行う顔面認証に注力するメーカーが多数見られた。一方「IC CARD WORLD 2005」は、本格普及が始まった電子マネーと社員証を組み合わせるソリューションのほか、RFIDを利用した管理システムなどが目立っていた。

光学センサーを使った非接触型の指紋認証システム。濡れた手などでも問題なく認証できるのが利点だ(三菱電機)

ケーブルを2本並べてできる電界を足などが塞ぐことで検知する広域監視センサー。数百メートルを張り巡らせることや、場所を検知して可動式のカメラで撮影するなど、柔軟な使い方が可能(三菱電機)

情報保護の観点から注目を集めているシンクライアントシステム。このタイプは、CFカードでOSを起動させて利用する(日立製作所)

GPSと連動することで自律飛行が可能な、ラジコン飛行機を使った遠隔監視システム(日立製作所)

-PR-企画特集