logo

情報セキュリティは顔がポイント!?--SECURITY SHOW 2005/IC CARD WORLD 2005 速報-- - (page 4)

奥隆朗(CNET Japan編集部)2005年03月03日 22時51分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2005年3月2日から3月4日に開催されている「SECURITY SHOW 2005」は、情報セキュリティに加えて、ファシリティなどを含めたあらゆる分野のセキュリティソリューションを提示するイベントだ。今回は個人情報保護法とe文書法の施行を目前に控え、バイオメトリクスや監視カメラ、文書管理を中心としたセキュリティソリューションの出展が目立っていた。バイオメトリクスでは、指紋認証、静脈認証のほかに、顔の特徴で認証を行う顔面認証に注力するメーカーが多数見られた。一方「IC CARD WORLD 2005」は、本格普及が始まった電子マネーと社員証を組み合わせるソリューションのほか、RFIDを利用した管理システムなどが目立っていた。

ポスターに情報発信機能を埋め込んだ電波ポスター。電子マネー機能を装備したケータイであれば、情報が受け取れる(DNP)

ICカードの機能をメモリーカードに取り込んだ「MOPASS」システム。携帯電話やPcなど、幅広い分野で活用できる(モーパス コンソーシアム)

電子マネー機能を装備したケータイを使って空港でチェックインできるサービス。完全なチケットレスが実現する(日本航空)

はがきに超薄型のRFIDを埋め込んだIC内蔵はがき。隠蔽はがきの開封と連動し、隠蔽した情報をICに保存するといった使い方ができる(凸版印刷)

「IC CARD WORLD 2005」会場内では、実際に電子マネーを使える環境を多数用意。物販コーナー以外にも募金コーナーが用意されていた

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]