logo

日立ソフト、既存の情報システムをSOAに移行する変換技術を開発

ニューズフロント2005年02月28日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングは2月28日、既存の情報システムを変更することなくサービス指向アーキテクチャへ移行できる変換技術を開発したと発表した。

 同技術を利用すると、ウェブアプリケーションの生成する動的なウェブページから必要な情報を集め、その情報をSOAPメッセージとして配信することで、Webサービスを提供できる。「ウェブアプリケーションのシステムを変更することなくWebサービスに変換でき、移行にともなう時間とコストの削減が可能」(同社)

 また、データマイニング技術を応用しており、動的に生成されるウェブページのように取得する情報の位置や構造が変化する場合でも、正確な情報取得が行えるという。

 なお、同社は同技術を自社の電子商取引サイト@Buy24の管理用ウェブアプリケーションに適用し、短期間でWebサービス化できたとしている。

日立ソフトウェアエンジニアリングのプレスリリース

-PR-企画特集