沖電気、英文サイトの更新情報を翻訳して通知するサービスを提供開始

ニューズフロント2005年02月09日 16時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は2月9日、朝日ネットが運営するASAHIネットのユーザーに対し、英語で記述されたウェブサイトの更新情報を翻訳して電子メールで送るサービス「訳して通知」の無償提供を開始した。沖電気は、訳して通知をメールによる情報収集支援サービスMAILPIAの新機能として、ASP形式で朝日ネットに提供する。

 同サービスは、ユーザーの指定した英文ウェブページが更新された場合に、更新内容とその日本語訳を電子メールで通知する。サービスの仕組みは以下の通り。

  1. 指定されたウェブページまたはRSSデータの更新部分を取得
  2. 更新内容にユーザーが指定したキーワードが含まれているかどうかを判定
  3. 英語で記述されたページかどうかを判定
  4. ユーザーの翻訳指定にもとづき、機械翻訳サービス「訳してねっと」を利用して翻訳
  5. 翻訳文を更新内容とともに電子メールで送信

 沖電気は、インターネットサービスプロバイダ、アプリケーションサービスプロバイダ、コンテンツプロバイダなどに同サービスを展開していく。2005年度にプロバイダなど10社への導入を目指す。

沖電気工業のプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加