「Mac miniはお買い得」は本当か

Michael Kanellos(CNET News.com)2005年01月13日 21時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple ComputerのMac miniがお買い得かどうかをめぐって、ユーザーやアナリストらの見方が分かれている。

 Apple CEOのSteve Jobsが、米国時間11日にMacworld Expoの基調講演で発表したMac miniは、同様の機能を持つ他社--GatewayやHewlett-Packard(HP)などのPCと比べ100ドルほど値段が高いと、複数のアナリストが述べている。Mac miniにはマウスもモニタも、キーボードも付属しないことを考え合わせると、この価格差はさらに広がることになる。

 Wi-FiやBluetoothなどの機能に対応するオプションを追加すると、この価格差は一段と大きくなる。調査会社IDCのアナリストらが「これは欲しい」というものを追加して試算したところ、価格は1300ドルにもなったと、IDCのRoger Kayは言う。それでも同氏は、Appleが低価格機市場で競争できる製品を出したことを高く評価した。

 価格の点以外にも、Mac miniは市場に出回っているPCと全く異なっている。縦横16.51センチ、高さ5.08センチで、重さわずか1.32キログラムの同マシンは、「小型」PCよりはるかに小型でスタイリッシュだ。Dellの小型デスクトップPCなどは同マシンの約8倍の大きさになる。小型PCを専門にするShuttleが発売するマシンでも、約17.78センチX20.32センチX3.55センチで、重さは約5.9キログラムだ。

 技術コメンテーターでNewtonユーザーのPeter Glaskowskyは、「Intelや、同社と組んだ工業デザイン会社が『コンセプトPC』を多数開発しているが、その大半はAppleの製品を模倣したもので、今のところ大きな成功は収めていない」と語っている。

 また、ソニーをはじめとする各社が、Mac miniのサイズを下回る大きさの画面付き携帯型PCを製造しているが、これらの製品の価格は1600ドル以上にもなる。

 問題は、消費者がこの新しいハードウェアに殺到するのか、それとも価格に尻込みするのかだ。

 NPD GroupアナリストのSteve Bakerは、「(miniが)お買い得か否かの判断は、製品のターゲットや、実際の購入者によって大きく変わってくる。Best BuyやWal-Martで販売されているエントリーレベルのPCと比較して買い得かどうかと聞かれれば、答えは明らかに『ノー』だと思う」と語った。

 その反面、「(Mac miniは)『子ども部屋やキッチンにパソコンをもう1台・・・』という最近の流れには合っている。また、基本的な機能を追加しても700〜1100ドルという(小売価格の)スイートスポットに収まる。うまい価格設定だ」とBakerは加えた。

 Jobsは11日、Macworld会場に詰めかけた聴衆に向かい、「これまでで最も手ごろな価格のMacだ。乗り換えを考えている人にとっては、これでためらう理由がなくなる」と語った。

 いまのところ、Mac miniに対する反応はきわめて良好だが、しかしその価格とキーボードなどが省略されている点が売上に影響するかもしれない、との意見も多い。

 Russell RothwellというCNET News.comの読者は、「Steve Jobsはコンピュータ業界のAlbert Einsteinである。消費者の趣味と傾向とトレンド、そしてマーケティングを熟知したビジネスの天才だ」との意見を寄せている。

 またStan Johnsonという読者は、「非常に優れたデザインだ。確かに、必要なパーツをすべて追加すると『激安』ではなくなる。それでも、Macファンにとっては素晴らしい製品だと思う。ただし、これだけの金額を支払うなら、もっと高性能のPCを購入できる」と書いている。

 この499ドルの小型コンピュータには、1.25GHzのG4プロセッサ、256MバイトのRAM、40Gバイトのハードディスク、そしてCD-R/DVD-ROMのコンボドライブが搭載されている。採用するグラフィックチップは32Mバイトのメモリを搭載したATIのRadeon 9200で、そのほかFireWireポート、USBポートX2、イーサネットポート、モデム、そしてモニタ接続用にデジタル/アナログポートが装備される。Appleでは1年間の保証も提供している。

 キーボード、マウス、ディスプレイ、およびステレオスピーカーは搭載されていない。また、80Gバイトのハードディスクと1.42GHzプロセッサを搭載した上位モデルの価格は599ドルとなっている。

 これら2機種のMac miniの価格は、同様のPCと比較して約100〜150ドル割高になる。現在、Intel CeleronやAMD Sempronを搭載し、Mac miniと同じく256MバイトのRAM、40Gバイトのハードディスク、そしてコンボドライブを装備したHP Compaq Presarioの場合、同社のショッピングサイトで50ドルのキャッシュバックを利用して、399ドルあるいは389ドルで買うことができる。

 一方、Gatewayでは599ドルのMac miniと同等の構成のデスクトップを499ドル(キャッシュバック利用後)で販売しているが、これには17インチのモニタ、キーボード、マウスが付属する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加