サン、Solaris版のJava Desktop Systemをリリース

Stephen Shankland(CNET News.com)2004年10月14日 19時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  Sun Microsystemsは、 Solaris向けのJava Desktop System(JDS) をひそかにリリースした。これは、Linuxの威光を自社のオペレーティングシステム(OS)にも利用しようという同社の計画における新たな1歩となる。

 Java Desktop Systemは、オペレーティングシステムと、ハイレベルのソフトウェア類--たとえば、GNOMEユーザーインターフェース、Mozillaのウェブブラウザ、Microsoft Officeに対抗するStarOffice、Real Networksのメディアプレイヤーなど--、それにSunのJavaという3つの構成要素から成り立っている製品で、昨年これが登場した時には、NovellのSuSE Linuxで動くものしかなかった。

 Sunは先週、Solaris 9をベースにしたJDSのバージョン2をリリースした。Sunの計画によると、次のバージョン3は今年末までに出されることになっている。Sunはこのバージョン3について、使い勝手がさらに向上するとしている。

 JDSは12月末まで、コンピュータ1台あたり年間50ドルという特別価格でダウンロード販売される。

 Linuxベンダー各社は、長年サーバ向けの同オープンソースOSを提供してきているが、最近ではLinuxを使ってMicrosoftの牙城であるデスクトップPCに直接攻勢をかけている。

 Sunはしばらく前に、独自のUnix OSであるSolarisを、主にx86マシン向けのOSとして売り込み始めた。Solarisは現在、Red Hat Linuxを主な競合相手としており、同社では年末までにSolarisをオープンソース化する計画を進めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加